2017年10月25日(水) チームE「SKEフェスティバル」公演 相川暖花 生誕祭

27 10月

2017年10月25日(水) チームE「SKEフェスティバル」公演 相川暖花 生誕祭

2017年10月25日(水) チームE「SKEフェスティバル」公演 相川暖花 生誕祭

10月22日で14歳になりました

たくさんの人に暖い時を届けたい。
つまずいてもぶつかっても笑顔いっぱい。
みかん大好きほののんほのの

参加メンバー
相川暖花、浅井裕華、井田玲音名、市野成美、鎌田菜月
木本花音、熊崎晴香、斉藤真木子、佐藤佳穂、佐藤すみれ
末永桜花、菅原茉椰、高寺沙菜、高畑結希、谷真理佳、福士奈央

○まきこがLINE交換したばかりのほののに「誕生日おめでとう」と送ったら
 「ありがとうございます!」と来て2歩近づいた気がする

○かつてほののの推しメンだったくまちゃん
 今は?

○今も昔もほののの推しメンのなるちゃん
 サイリウムの水色はなるちゃんが使ってたから
 

○ほのののプレゼントにゆうかたんが使っている同じアイシャドウをプレゼント
 今日使ってくれたので注目

○今日、かのんの生誕Tシャツを着てたので仲良くなる!

○ほののに愛を下さいと言われたすーちゃん
 すっかりDDです

○ほののの家族がどんちゃん推し
 だと思ったら「違います」と言われてへこむ

M5 お手上げララバイ

斉藤真木子

M6 君のc/w

市野成美 高寺沙菜 相川暖花

M7 涙に沈む太陽

高畑結希 木本花音 井田玲音名

M8 ハングリーライオン

福士奈央 熊崎晴香 鎌田菜月 浅井裕華

M9 1994年の雷鳴

高畑結希 佐藤佳穂 谷真理佳 菅原茉椰 末永桜花

みかんダンス選手権

はたごんVSどんちゃん
軽やかで可愛かったからどんちゃん

ゆうかたんVSまーやん
くるくるくるーが可愛らしかったゆうかたん

まっきーVSなるちゃんVSさとかほ
せくしーだったからさとかほ

決勝戦
どんVSカタンVSかほ
優勝はカタン

相川暖花生誕祭

お手紙
ほののへ
お手紙をお話をいただいた時
「えー私でいいのー」って思いました。

だってほのの、私の事絶対嫌いじゃん。
どんなに歩み寄っても、いつも強力な力で引き離して逃げちゃうじゃん。

どう思ってるかなんて真相は分からないけど
せっかくのこんな機会を頂いた今日だけは
面と向かって私の思いを伝えられたらなと思います。
最後まで逃げずに聞いててね。

改めてお誕生日おめでとう。
SKE48に入って三度目の生誕祭。
過去二回の「PARTYが始まるよ」公演とは
また違った景色が広がっていることと思います。

去年は誕生日当日にチームE公演に出てくれましたよね。
みんなでお祝いしたなー。

謙虚で恥ずかしがりやのほののはいつも誰かの影に隠れていて
口を開けば「お疲れ様です」の一点張り。

それがキャラ作りであればもう完璧。
ほのの自身は意識してないだろうけど
これがどれだけの衝撃的で、面白くて、多くの人の目に留まったことか。
もう充分に申し訳ないくらいにキャラは付きましたよ。

でもね、ほののの凄い所は、裏でもこれが崩れないこと。
マジで真剣に話したいのに、全然思った答えが返ってこなくて
心が折れそうになった事多々。

一歩近づけば、一歩離れられる
そんな磁石のN極とS極のような関係でした。

今年に入った辺りかなー
ほののと何とか話すチャンスが出来て
公演前にゴハンを食べながら話したよね。

正確に言うと、私だけがゴハンを食べていて
ほののが見ているって感じ。

悔しいことも、理不尽なこともあった時期だと聞き
何か少しでも力になってあげられないかと
私なりに出た行動だったのですが
その現場を目の当たりにしたメンバーは
「ほののをいじめないで下さい」と言われる始末。

そんな中でも、物怖じすることなく
私に不安な顔を一切見せずに
どんな質問にも「大丈夫です」と言うほののに
初めて頼もしさを感じました。

そして、10月5日
ほののの名前がチームEに呼ばれ
私、本当に嬉過ぎて
思わずみんなで駆け寄った時
何とか手を伸ばして、ほののの頭を撫でていたつもりでしたが
気付いたら、それはどんちゃんだった。なんてことも。

でも、改めて、ようこそチームEへ
正規メンバーというものがどれだけの価値があり
意味があることなのか
研究生期間が長ければ長いほど、身に染みて実感することだと思います。

それと同時に、また新たな壁にぶち当たる事も少なくないと思います。
上手く行かないこと、どうにもならないこと、沢山出てくると思う。

でも、ほののが今までの活動で感じ取った全ての信念を
これからはこの場所でぶつけて
新しい自分との出会いの場にしてください。

私たち、チームEのメンバーは
全力でほののの本気を受け取るし
全力でサポートします。

辛い時は支えたいし
時には一緒に涙だって流したい。
それがチームです。

とはいえ、チームメイトのLINEを既読無視するのは禁止ですから。
これからのほののの成長を見続けられる事をシアワセに思います。

いい一年を
そしていいSKE人生を送れますように。
これからもよろしく。

斉藤真木子より

手紙の感想や一年の抱負

先ずは、今日、生誕祭を開いてくださった方
今日、見に来てくださった方
DMMで見てくださっている方
今日、私推しでないのに、私のサイリウムを振ってくださっている方
ありがとうございます。

私は、今年は、嬉しいことも、悔しいこともたくさんありました。
最初は嬉しいことは無くて、嫌なことばっかで
どうしたらいいんだろうって思ったこともあったけど
最近、チームEさんに昇格出来たり、嬉しいことがあって
良かったです。

私は目立つことも苦手で、こうして一人で立っていることが嫌なんですよ。
だから本当はこうしてしゃべることも苦手なんですけど
今日はお祝いしてくださってありがとうございます。

チームEはいいチームだと思うし
そのチームに私が入っていいのかなって思うこともあって
崩してしまうんじゃないかなって思ったりするんですけど
昇格したからには、ちゃんとやることはやって
付いていけるように頑張ります。
よろしくおねがいします。

目標は人前で話すことを得意にすることです。

手紙の感想は?
真木子さんは最初は怖い人だと思っていて
今は優しくていい先輩だなって思います。

公演の鉄人と呼ばれるメンバーがいる。
卒業生の中には骨折しても公演に出たメンバーがいた。

なるちゃん、はたごん、ほのの、なるぴー

なるぴーがKⅡに行かなければ四天王がチームEに揃ったのだが
三人居るだけでもすごいと思う。

なるちゃんは100%SKEに載ったように
いつ声がかかっても出られる準備が成されてる。
スクランブルでもパッと憶えて出ることが出来る。
これはなるちゃんだから出来ること。

MCでも出ていたが、そのなるちゃんと同じ水色の
サイリウムを選んだほののにもなるちゃんに通じるものがある。

研究生はアンダーに出るのが仕事。
なるぴーとほののは常に公演に出ていた。
その二人が同時に昇格し
それぞれのチームでも複数ポジで出ている。

人数が足りなくなった研究生公演にも出続けている。
来年の劇場公演出演回数でもまた選ばれる気がする。

まだ14歳
伸び代ばっかりのほののが0番に立つ日が来るのか
成長する姿を楽しみにしていたい。

Byyumena

SKE48一推しメンはいますが、箱推しでもあります。 決してDDではありません!! 卒業生が多いSKE48は”今”を追わないと損してしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です