月別: 2017年8月

13 8月

2017年8月10日(木) チームKII「0start」公演

2017年8月10日(木) チームKII「0start」公演

公演が終わる頃にはかなりのメンバー汗だく

出演メンバー
青木詩織、荒井優希、内山命、江籠裕奈、大場美奈
小畑優奈、北野瑠華、白井琴望、惣田紗莉渚、高木由麻奈
高塚夏生、高柳明音、竹内彩姫、日高優月、古畑奈和、松村香織

前座 マツムラブ!

竹内彩姫

○おしりん推し
 増えた

○ゆななのおばあちゃんが誕生日
 
○こっちゃんと同期の野村奈央ちゃんの誕生日
 当時小学生だったこっちゃんのメイクをしてくれた

○みなるん推しの女の子二人組に声をかけられたさりー

○SKEタクシーに乗ったゆきちゃん
 サインも書いたのに運転手さんにSKEの説明を受ける

○今年は海に行きまくったみこってぃ

M5 残念少女

竹内彩姫 小畑優奈 青木詩織

M6 ByeByeBye

白井琴望 惣田紗莉渚 北野瑠華

M7 ハートの独占権

江籠裕奈 高柳明音

M8 君について

高木由麻奈 松村香織 大場美奈 荒井優希 高塚夏生

M9 MARIA

日高優月 古畑奈和 内山命

○夏に挑戦したいこと

みこってぃはゴルフ
ゆづきは映画館に朝から晩まで引きこもりたい
なおちゃんはスキーかスノボ

11 8月

2017年8月9日(水) チームS「重ねた足跡」公演

2017年8月9日(水) チームS「重ねた足跡」公演

出演メンバー
一色嶺奈、犬塚あさな、大矢真那、上村亜柚香、北川綾巴
後藤理沙子、杉山愛佳、都築里佳、野島樺乃、町音葉、松本慈子、
山内鈴蘭、山田樹奈、井上瑠夏、北川愛乃、白雪希明、仲村和泉

山内鈴蘭は体調不良のため、ユニット曲の出演のみ

○あいあい推しが幕が開いた瞬間に感動していた
 それを見ていたりさこが他のファンも同じように感動してほしい

○ケータリングのコロッケ食べて胃もたれ気味のりょうは

○相変わらず塩対応のかのちゃん

○とっても眠いまさなさん

○スクランブル登板で緊張気味なよこにゃん

M5 赤いピンヒールとプロフェッサー
  
後藤理沙子 北川綾巴

M6 素敵な罪悪感
 
都築里佳 山内鈴蘭 山田樹奈

M7 眼差しサヨナラ

野島樺乃 一色嶺奈

M8 愛のルール

杉山愛佳 上村亜柚香 大矢真那 犬塚あさな

M9 コップの中の木漏れ日

一色嶺奈 野島樺乃 町音葉 北川綾巴 山田樹奈 松本慈子 後藤理沙子

ダンスメドレー
前半戦のセンターをしている人は卒業していく傾向にあるらしく
今はまさなさんが立っている

先日チームSで集まれるメンバーでBBQをした
声掛けしてくれたのもまさなさん
そのまさなさんは塩をぶちまけた

6 8月

0924

TIFでスクリーンに「緊急告知」の文字が・・・

「うれしい!!びっくりしたあ!
私このあと、名古屋で(友達の)結婚式があるんですよ。
でもSKEの偉い人に”TIFに絶対に来い”って言われて…
今日は裏で見てたんですけど、この発表があってほんとにほんとに嬉しいです!」と喜びを爆発させた

9月24日(日) 日本ガイシホール SKE48 大矢真那 卒業コンサート
「AKB48グループじゃんけん大会」の前に開催される予定

6 8月

2017年8月4日(金) チームKII「0start」公演

2017年8月4日(金) チームKII「0start」公演

出演メンバー
青木詩織、荒井優希、内山命、江籠裕奈、太田彩夏
小畑優奈、北野瑠華、白井琴望、惣田紗莉渚、高木由麻奈
高塚夏生、高柳明音、竹内彩姫、日高優月、古畑奈和、松村香織

○今日は副リーダー他、みんなのテンションがおかしい公演
 日焼けし過ぎてちゅりちゃんに・・・

○服をメンバーに分けてくれたなおちゃん

○たれぱんだのような変顔したなっちがカワイイと紹介したが
 ファンからはイマイチだったようで、おしりんのおしりんが
 叩かれた

○妹とプールに行ったゆなな
 風が強かったのに、アイスを買ってしまい、髪の毛がアイスに絡まり
 お風呂に入るハメに

○ゆうなに似ていると言われているどんちゃん
 どんちゃんの写真を逆さまにすると似ている?

○最近コンタクトデビューしたゆうな
 それまでは裸眼でぼやけた視界の中で公演をしていた

○寝たままクーラーが付けられるようになったゆきちゃん
 たまにリモコンを押し間違えて部屋の灯りを付けて
 起きてしまうという

久しぶりの公演だからか、なおちゃんの弾けっぷりは最後まで続いた
年長組のちゅりやかおたんはヤバめそうな息の弾みようだったが
2時間超えの公演で充実感が勝ったのか

オキドキがチームによって随分違って見える
意外にマンゴーより踊りこんでる分変らないかと思ったら変るんだな
チームEも夏曲として組み込んで欲しい

5 8月

2017年8月3日(木) チームE「SKEフェスティバル」公演 後藤楽々 生誕祭

2017年8月3日(木) チームE「SKEフェスティバル」公演 後藤楽々 生誕祭

出演メンバー
浅井裕華、井田玲音名、市野成美、鎌田菜月、熊崎晴香
後藤楽々、斉藤真木子、佐藤すみれ、末永桜花、菅原茉椰
須田亜香里、高畑結希、谷真理佳、福士奈央、相川暖花、片岡成美

○ららとは裸の関係のまきこ
 
○どんちゃんのおへそがららによるとキレイらしい

○誕生日で食べ過ぎて史上最高のオデブになってるらら

○ららの英会話を毎日聴いても寝ると忘れてしまうなるちゃん

○ららのデビュー時の推しメンだったくまちゃん
 直ぐりょうはに推し変された

○らら趣味が合うゆうかたん

○おーちゃんがららにチョコを渡したらその場で食べてくれた
 
○カワイイパンツを渡したすーちゃん
 それを見せてはくれないらしい

○7D2の中で大人気ならら

○じゃんけん大会でららとペアを組んだまーやん
 

手紙

ららへ
お誕生日おめでとう。
ららと出会ったのは7期生オーディション合格の後の顔合わせ
皆だんだん集まってきて、集合時間過ぎるかなぐらいの時
汗をかき、必死に走って入って来た子がいました。

その子が後藤楽々
汗をかいているのに、何故か爽やかで、でもどことなくお嬢様風な
雰囲気を放ち
現れたららがものすごく印象的でした。

ららと仲良くなったのはレッスン終わりの時、好きなYoutuberの話になって
この動画知ってる?ってららが話して、思わず私の知っている人がいなかったから
思わず知ってるってなって話が盛り上がり、そこからららと話すようになりました。

そして、ある日、ららが「前のめり」選抜に選ばれた事を知りました。
「前のめり」の選抜、悔しくないって言ったら嘘になります。

でも嬉しかったのは本当です。

ある日7期全員で会議した時、ららがこんな事言いました。
今、こうして選抜メンバーに選ばれても、次の選抜に選ばれなかったら悔しい。
自分の努力が足りなかったんだって泣きながら言った事がありました。

その時に、私はららが負けず嫌いなんだなって感じました。

本当にららは選抜メンバーに選ばれてから、すごく努力していることも知っていました。
ホテルで同室になっても、ららはダンスの練習をしたり、休憩中でも練習したり
色んな努力をしているららを見ていました。

ららが7期生皆を纏めてくれた時もたくさんありました。
どんどん成長していくららに、寂しい気持ちと悔しい気持ちが出てきました。

もっと自分もしっかりしなきゃって思う事が多くなりました。

その後は昇格が決まり、チームがバラバラになってしまって
ららと離れるのがすごく寂しかったです。

話は飛んでしまいますが総選挙の時、ららの名前が発表された時
本当に嬉しかったです。

コメントもカッコよくてすごいなーって思いました。
総選挙の前の話ではあるんだけど、「意外にマンゴー」の選抜が決まり
私のセンターが決まりました。

その時、ららはきっと悔しかったと思うんです。
でもね、ららは優しいから発表があった次の握手会で話しかけてくれたんです。
「本当に大丈夫だよ」って
その言葉が暖かくて、思わず泣いちゃいました。

本当に、ららには何でも相談出来るし、しょうもない話もたくさん出来るし
最高の同期だと思っています。

でも、その分ライバルだと思っています。

去年の私の手紙に書いてくれた“ゆらら”でダブルセンターしようね
これ絶対に叶えようね。

ららは、私にはない、皆を笑顔にする力を持っています。
ららの笑顔は皆を笑顔にするよ。
だから、この後の残りの時間、ららの笑顔をららのファンにたくさん届けてください。

これからも、ららのファンの皆さんより、ららを好きでいますので
よろしくお願いします。

らら
最後のなりますが、初めて手紙を書かせていただきましたが
最初がららで本当に嬉しいです。

ららのファンの皆さん、本当にありがとうございました。
らら、改めてお誕生日おめでとう
これからもよろしくね。

小畑優奈より

17歳の目標や抱負

先ずは、今日劇場に来てくださったファンの皆さん
そして、DMMを見てくださっている皆さん
そして、いつも応援してくださっている皆さん本当に本当にありがとうございます。

そして、いつもDMMを撮ってくださっているスタッフの皆さん
いつも支えてくれるマネージャーさん、本当にありがとうございます。

3年前のちょうど今頃に、母がSKE48のオーディションに応募していて
その頃を私は、SKEの事を全く知らなかったし、アイドルになるとも
全く思っていなかったし、3年後の今、こんなにも沢山の方に誕生日をお祝いしてもらえるなんて思ってもいませんでした。

本当にららは幸せ者です。
ありがとうございます。

合格してから3ヶ月後に、「前のめり」の選抜に入って
その頃は3番手の重みも何も知らずに
ただただ前を向いてがむしゃらに走ってて
その後、ラブクレッシェンドに選んでいただいて
ラブクレッシェンドに選ばれた時も嬉しかったし
その頃はもっともっと上に行きたいとか
すごい、夢がどんどん膨らんでいて
でも「チキンLINE」「金の愛、銀の愛」で3番手という
立ち位置を貰っていても
自分の実力が追いついていない事にすごく悩んで、自分に自信が持てなくなってしまって
公演も怖くなってしまったし、だんだん笑えなくなってしまって
だんだん笑顔が減っていったのかなと思います。

でも、総選挙で速報22位から46位っていう順位を貰って
私はすごく変ることが出来たなって思っています。

46位という順位をいただいたことによって
凄く気持ちが楽になったし、色んなことを素直に楽しめるようになりました。

公演のセンターになって、最初は本当に嫌で、先輩方との差とか
身に染みて、その頃は、嫌ダナー、逃げたいなーって思っていました。

でも、誰にどう思われるとかじゃなくて、自分がどう思うかだなという風に思って。
他人のことを気にしていたら自分は成長出来ないなという風に思って
だから、自分に根拠はないけれど自信を持つことにして
そこから景色が変って、今は劇場公演が大好きになりました。

昔は、ゴルフとか英語とかで固いイメージを持たれることが多くて
本当は自分はそんな風ではないのになーって思って
本当の自分を出すことが出来なくて

でも最近は良く笑うねーとか最近楽しそうだねってファンの方が
言って下さる、その言葉でだんだん皆さんに本当の自分を知って貰えてるんだなって
実感していて、今は凄く嬉しいです。

皆さんも気になっていると思うんですけど、同期の小畑優奈ちゃんからの手紙を
いただいたんですけど、私は小畑優奈ちゃんのセンターを聞いた時に
私はゆななの風除けだったのかなってすごい感じてしまって
その事を思うと、やっぱり凄く辛いなって思う事もあります。

でも、いつも隣で支えてくれるりょうはさんだったり
言葉にしなくても理解してくれるじゅりなさんやすださんや
まきこさんのように、チームEの先輩方が
私の気持ちを理解してくださって支えて救ってくれました。

“ゆらら”のダブルセンターをやりたいと言ったんですけど
ゆなな一人でセンターをやってしまったので
後は私が隣に立つだけなんですけど、それがどれだけ大変かな

でも、いつか出来たらいいなと思います。

7期生のいちばん最初のインタビューの時に
「どんなアイドルになりたいですか?」と聞かれて
私はオンリーワンのアイドルになりたいですって答えたんです。

今までに誰も居なかったような人になりたいなって思って
新しい道を切り開いていきたいと思って
だからすごく時間がかかってしまうと思うんです。

新しい道を切り開く為には時間がかかってしまうんですけど
皆さんも待っててくださるといいなと思います。

必ず、SKEの顔になって、オンリーワンのアイドルになると約束します。

でも、本当に総選挙は自分ちょっとヤバいかなと思ったんですよ。
ずっと座ってて、先輩方が呼ばれていって
あ、私、ダメかも知れないって思ったんですけど
でも、本番では呼ばれて、涙が止まらなくて
それで、私のアイドル人生はすごく明るくなっているので
今、すごく楽しいです。

本当に皆さんのお陰です。
本当にありがとうございます。

2 8月

2017年7月31日(月) チームS「重ねた足跡」公演 二村春香 劇場最終公演

2017年7月31日(月) チームS「重ねた足跡」公演 二村春香 劇場最終公演

はるたむのはるたむがもう見れなくなるなんて・・・
卒業公演で公演出場数が400回となった

出演メンバー
一色嶺奈、犬塚あさな、大矢真那、上村亜柚香、北川綾巴
後藤理沙子、杉山愛佳、都築里佳、野島樺乃、二村春香
町音葉、松本慈子、山内鈴蘭、山田樹奈、内山命、江籠裕奈
小畑優奈、北野瑠華、高柳明音、古畑奈和、松村香織、市野成美
斉藤真木子、須田亜香里、井上瑠夏、仲村和泉

Gonna Jump
意外にマンゴーのセンターをしたはるたむ
はるかコールの大きさ!!
女性の声も大きかった

○あいあいが推すとみんな卒業してしまう
 
○はるたむの第一印象は怖かったおとは

○はるたむの次のセクシー担当に名乗り出たりょうはとちかこ
 

M18 好き 好き 好き
M19 ナギイチ
M20 未来の扉
卒業セレモニー
M21 水のないプール

M18 好き 好き 好き
あかりん はるたむ ちゅり

好きな曲で好きなメンバーと歌った
M19 ナギイチ
はるたむ ちゅり あかりん ゆなな 
らんらん るか るーちゃん 

ゆななを選んだのは時の人だから
るかを選んだのはおっぱい枠
るーちゃんを選んだのは可愛がっていたから

M20 未来の扉
はるたむ なるちゃん ゆうな なおちゃん
みこってぃ かおたん わんちゃん まきこ

まさなからの手紙
現役中にカキ氷に行けなかったはるちゃんへ

今回、お手紙を任せていただいたのは、きっと私から見るはるちゃんを
ファンの方が知りたいのかなと思い、筆を持っています。

正直、同じチームで過ごしてきたけど、いかんせん人に興味を向けられなかった私ははるちゃんという人物を余り理解していませんでした。

とりあえず、男受けがいい所、リアルにいたら女に敵を作りそうだなってことと
セクシーとは違うイヤラしいって表現が似合うなってことを把握しました。

はるちゃんの握手がいいと聞き、観察もしてみましたが、すだちゃんや
そうだちゃんタイプじゃないし、見ているだけでは分かりませんでした。

けど、見ているだけでは分からない深い魅力が
握手会に籠められているんだと分かりました。

昔は握手会の売り上げはどれだけ聞いても、具体的に教えてもらえなかったけど
今は皆知ることが出来るから、上を目指して頑張ろうって思える。

けど、逆に分かっている分、次は何を頑張ればいいのって分からなくなる時があったんじゃないかな。

握手会って体力的にも、精神的にも堪えるんです。
これはファンの方が嫌だとか、そう言うことじゃなく
これを頑張った先に、これだけ応援して下さっている方に
どれだけの恩返しが出来るのかなって皆と握手をしながら
こんなに支えて貰っているのに、結果として何か私は残せているのだろうかって

はるちゃんは、私に選抜に入ることは諦めましたって言ってたけど
諦められる筈がないと私は思ったんです。

少し前、「前のめり」で選抜になれなかった時の話をした時
はるちゃんは泣いていました。

そして、その後一緒の仕事で、AKBのカップリング『Vacancy』の
メンバーに選ばれて嬉しかったって言っているのを聞いて
自分は諦めているつもりでも、やっぱり諦めきれない気持ちを持っていると思うし
SKEに貢献してきたひとりとして、諦めてはダメだと思っているし
それが本心じゃないだろうと私は感じました。

でも、それと同時に諦めたって言葉を発信することを選択した
はるちゃんの心の痛みを感じました。

心が痛まない訳がないんです。
諦める選択をする前、必ず心は痛みます。

はるちゃんは周りを良く見ていて、空気を読まなくてもいい所でも
読み過ぎるし、そんなことまでって所まで気を使い過ぎる子だから
もっとワガママな感情を表してもいいのにって
もっと早く伝えれば良かったよね。

それははるちゃんが、まさなさんにもっと早く相談していたらって
ブログに書いていたから、とてもとても申し訳なく思いました。

そして、「前のめり」の時、はるちゃんの事に気づいていたけど
あの時、実は私も最初はるちゃん側だったので、自分の溢れ出る感情に精一杯でした。

こんな先輩でごめんね。

そんな私も、もう直ぐそちらへ行きます。
はるちゃんの今までの頑張りは、今後必ず未来を明るくするはず。

お互い、素敵な笑顔でいられる卒業後にしようね。

はるちゃんには、私の奢りの目安である、年齢と給料面で
微妙なラインだけど
カキ氷をご馳走する約束は絶対に果たすから、はるちゃんからも誘ってね。

はるちゃんの運転でどこのカキ氷でも食べに行こう。
勿論、ガソリン代や駐車代も私が持ちますよ。

ふたりの命ははるちゃんが持つ事になるけどね。
心から卒業おめでとう

大矢真那より

はるたむから

今日は素敵な卒業公演を準備してくださった皆さん
見てくださっている皆さん
お忙しい中足を運んでくださって本当にありがとうございます。

私のアイドル人生は、本当に正々堂々と戦えたと思っているので
この5年半に悔いはありません。

この二日間、握手会に沢山の皆さんが足を運んでくださって
ひとりひとりの方と話を出来る機会がなくなっちゃうのかなと思うと
寂しいんですけど、皆さんにありがとうとか、これからも頑張ってねと
たくさん声をかけて下さることが出来て、この5年半頑張ってきて
良かったなと思える三日間でした。

本当にありがとうございました。

アイドルになって、普通の女の子では経験出来ないお仕事だったり
ステージに立つ事だったりとか、そうゆうひとつひとつ経験出来た事が
嬉しかったです。

SKEに入らなかったらとか考え始めると
皆さんに出会えなかったのかなとか
メンバーの皆さん、関係者の皆さんにも出会えなかったのかなとか
本当に人と人との出会いって大切だなとか改めて感じています。

こうしてアイドルになった私を、一生懸命、全力で応援してくださって
本当にありがとうございました。

ひとりひとりの方と色んな思い出があるので
この5年半の事は忘れずに、これからも頑張っていきたいと思います。

辛いことも沢山ありました。
でも、ひとつひとつ乗り越えることが出来た自分を思い出すと
どんな時でも、どんな壁でも乗り越えられると思います。

私に自信を下さった皆さん本当にありがとうございます。

これからの事は決めていなくて
どんな形でも皆さんに恩返しする機会が作れればいいなと思っています。
時間がどれだけ掛かるか分からないんですけど
皆さんには待っていてくださるといいなと思っておりますので
よろしくおねがいします。

皆さん、これからもはるたむ推しでいてください。

M21 水のないプール

2 8月

2017年7月28日(金) チームE「SKEフェスティバル」公演 高畑結希 生誕祭

2017年7月28日(金) チームE「SKEフェスティバル」公演 高畑結希 生誕祭

22歳になった
昨年はカンペを持ちながら18分話した

出演メンバー
浅井裕華、井田玲音名、市野成美、鎌田菜月、木本花音
熊崎晴香、後藤楽々、斉藤真木子、佐藤すみれ、末永桜花
菅原茉椰、高畑結希、谷真理佳、福士奈央、相川暖花、北川愛乃

SKEフェスティバルでうどんを啜る動きを入れたり
はたごんの近くに居たメンバーは社長への挨拶していたり
この辺りがチームEらしい

○はたごんの誕生日プレゼントを忘れたキャップ

○鏡を見ていて、ほうれい線目立つわーと言っていたはたごん
 
○なっきーがレッスン場にいったらはたごんが居て
 翌日の生誕祭の振り付けを確認していた
 
○はたごん推しを奪おうと宣言するなるちゃんとなっきー

○7期生の最年長がはたごんで最年少がゆうかたん
 天然で頼りがいが無いと言っていたが、優しい所に感謝

○讃岐弁がカワイイと思っていたおーちゃん

テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATIONの裏話
○靴の底がペラペラだった

○キンモクセイのサイリウムがキレイだった

○親が来てくれたのに、どこにいたのか分からなかったどんちゃん

お手紙
チームEでの初めての生誕祭
過去2回とはまた違った景色が見られたと思います。
加入当初から表情や雰囲気も随分見違えました。

決して楽な道のりではなかったはずの3年。
今年になって、やっと色々なことが実を結び
活動の充実を身に染みて感じていることと思います。

チームEに昇格を初め、地元香川県でのお仕事
ソロコンでの落語は噂によると秋元先生の目にも止まったのだとか

極めつけには選抜総選挙でのランクイン
その後も各所で引っ張りだこの高畑
目まぐるしい毎日のこと、私もとっても嬉しいです。

高畑と言えば、先日の岡山のリリースイベント
「岡山は私の地元です」
「岡山は私の庭のようなものです」とイオンモールを
案内してくれる姿に少し感動しましたが
あんまり役に立たなかったのを思い出します。

その頼もしさ、少しでもSKEにくれたらなーと思うんですけど
22歳
勿論焦ることもあると思うけれど
21歳の頃も色々考えただろうけれど
アイドル3年目、OLという計り知れない安定した職業を手放して
この世界を選んだあなただからこそ、もう後は無いと本気で挑み
毎日を死に物狂いで走り回っていること
大人の意地をヒシヒシと感じます。

ちゃんと見てる、そしてちゃんと伝わっているから安心してね。

肝心な所ではいつもポンコツな所も
田舎育ちがぬぐい切れなくて
ミーハーな所も、全部全部愛してくれるファンの皆様を初め
SKE48 チームEという素晴らしくてちょっと変った仲間と
切磋琢磨してアイドル人生を全うしてください。

また、今日という日に、新たな扉を開き、景色を焼き付けてください。
22歳も確実に、その努力と希望が実を結ぶ
そんな1年になりますように。

SKE48キャプテン 斉藤真木子より

先ずは、生誕祭を開いてくださった皆さん
DMM、モニターをご覧になった皆さん
今日は本当にありがとうございます。

真木子さんもお便りありがとうございます。
また、改めて読みたいと思います。

21歳の去年の1年は自分に取って大きなことが沢山あって
悲しかったことや嬉しかったことが多い、濃い1年だったんじゃないかなって
自分で思っています。

その中でも1番嬉しかったことは昇格出来たことと
総選挙ランクインしたことや凄い自分の中の記憶に残っています。

SKEのソロコンサートで昇格して
ファンの皆さんの前で昇格出来たことは凄く嬉しくて
この先ずっと忘れることはないと思います。

チームEのアンダーには研究生の時、沢山出ていたけど
新公演の初日には出れなくて、1人だけだったんですけど
この先どうなるのかなって、嬉しい反面不安な気持ちもあったんですけど
今、凄く楽しくて、メンバー、先輩が面白くて
いつも刺激を貰えるような先輩ばかりで毎日が楽しくて、充実しています。

今年は、チームEに昇格して、チームEに欠かせない存在になりたいと思います。
チームEに昇格出来て、本当に嬉しかったです。
ありがとうございます。

総選挙にランクイン出来たことが本当に自分にとって自信にも
繋がったし、すごい幸せです。

皆さん、応援してくれてありがとうございます。

去年の生誕祭で、勇気を出して、総選挙でランクインしたいですって
発言したのですけれども、それまでは、自分が総選挙入りたいだとか
選抜になりたいだとか、自分は言える立場なのかな?
正直、言い難いとかあったんですけど
去年、ファンの皆さんに背中を押してもらって
ちゃんと伝えなさいって皆さんが言ってくれたお陰で
伝える事が出来て、叶える事が出来ました。

この1年間、伝える事の大切さをファンの皆さんから学びました。

去年の目標は総選挙にランクインすることと、昇格することと
握手会の部数を増やすことって言った記憶があるんですけど
発言した事、全部叶う事が出来ました。

この1年も、自分で思っていることを発信出来る1年でありたいし
この1年間本気で参ろうと思います。

総選挙にランインして、今まで出来なかったお仕事とか
経験したことない事をたくさん経験させて頂いているんですけど
もっともっと頑張って、SKEの選抜にもなれたらいいなーでなくて
なりたいです。

言ったからには、この1年努力して叶えれるよう頑張っていくことと
ちゃんと自分と向き合える1年にしていきたいなと思います。

地元の香川と名古屋の架け橋になれたらいいなと思っています。
SKEで香川出身は1人しかいないので、STU48に負けないように
香川方面は私に任せたって言って貰えるように頑張りたいです。

来年の総選挙では、皆さんの前でスピーチしたいので
よろしくお願いいたします。